0か100か?!思考をチャンスに変えよ!


つい思考が「0か100か?」に

なりがちではありませんか?

昔の私は結構長い間

「0か100か?」思考がありました。

例えば、

・やるかやらないか?

・嫌いか好きか?

・賛成か反対か?

・的か味方か?

なんて、、

極端などちらか一方の感覚で

自分を決めないと進めない…

そんな時期がありました。

これもそれこそ

プライベートだけでなく

仕事の面でもどっちかにしたくなる。

そんな風に陥って

辛い思いがいつも心の中にあった。

当時の自分はそれが

経験値になるんであろうことしか

分からなかった。。

で、ですが、

そんな「0か100か?」思考。

結論から言うと…

「0か100か?」は

実はアンバランスな状態。

どちらかに偏ろうとすると

それはやはり苦しいし、

そのままでは

悩みが尽きない状態。

そう、つまりは速攻でやめた方がいい!

そんな状態です。

また、

「0か100か?」

は言い換えると

「プラスかマイナスか?」

と言うこと。

「良い」か「悪い」か…

どちらかに寄りたいし偏りたい。

今、思えばどちらかに偏りたい…

その時点で何かが違うんです。

人に合わせすぎな自分が

自分を偽りすぎて心が疲れている。

そして愛にも飢えている。

だから、、

どちらかに偏って自分を

休め癒したかったのだろう...

と昔の自分と重ねて思います。

けれど、本来…

宇宙も科学も魂も

どちらかに偏ってはいない。

「良い」も「悪い」もないし

「0」だけ「100」もない。

「プラス+」だけ「マイナスー」

だけと言う世界はない。

つまり両方ともあるし

ちゃんと「プラス+」も「マイナスー」も

ないとダメなのです。

本来は無いことがあり得ないし

無いと不自然...だから苦しいのです。

だからそもそも

偏る必要もないし…

偏らせようとするから

おかしなことになる。

「0か100か?」

ではなくてその真ん中。

50とか40とか60…etc

そんな風に

中道、ニュートラルな

思考、感覚が身についてくると

もっともっと楽で自然体になれる。

それが本来の自分=魂のあなた。

じゃあ、、

そもそもどうしてそんな

「0か100か?」の経験をして

苦しんでいるのか?

それは、、

『経験こそ宝』だからです!!!

経験という財産を築くため...

以外の何物でもない。

人によっては

痛い思い経験はしないほうが幸せだ

そんな価値観で生きている人も

中にはいるでしょう。

けれど私は声を大にして言いたい!

『経験こそが宝』だと。

私たち人間はまだまだ

経験することによってのみ計り知れない

物事(=生命や宇宙)の広さ深さを習得する

生き物だと思います。

実際に

自分が何らかの経験

実体験を経ることなしには

そこまで深くは体得し得ないのではないか?!

ということ。

人間も何万何十万年先の進化までは

わかりませんが…^^;

例えば

小さな子供さえも

「転ぶと痛い」「飛び出すと危険」

そんなことを経験、実体験するから

身の回りに起こる出来事から

様々生きていく上で必要な物事をつかむ…もの。

それは大人も同じです。

実際に経験、実体験するから

物事(=生命や宇宙)の広さ深さを習得する

ことができる。

その時は

とてもつもなく辛い、苦しいことも

それによって

物事(=生命や宇宙)の広さ深さを習得できる

キッカケになる。

そうして

私たちは自分の経験を元に

人をも導くことができるようになるのです。

だから最初の話の

「0か100か?」も大切な経験。

そこから

真ん中近くの中道、ニュートラルを

つかむための極端な偏りなんです。

本当に悲しいかな…残念ながら...

人は痛みが伴う方が変化できる^^;

痛くないとヘラ~っとしたまま

深みを増さずに時が過ぎてしまう^^:

そういう生き物です。

もしも今、あなたが

「0か100か?」思考または

何かしらの痛みがある状態ならば

まさしくそれは

あなたにとってのチャンス!

物事(=生命や宇宙)の広さ深さを習得できる

キッカケに過ぎない。

宇宙は意地悪なんではなくて

いつでもあなたに可能性を与えている

あなたの味方…なんです。

そうして

真にあなたの心と魂が解放されて行く…のです♪

#0か100か思考 #プラスとマイナス #経験は宝 #痛みはチャンス #大切な経験 #偏り

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitter Basic Square