人間が脳の10%以上を使えるようになったら?


こんにちは。

萩嵜智子です。

一昨日、私久しぶりの

映画を観ました。

厳密には映画ではなく

DVDなんですが、

実はこの映画が好きで

おそらく既に3~4回は観たことがある

けれどまた観たくなる

そんな大好きな映画なんです。

「ルーシー」

観たことありますか?

何で私、

この映画がそんなに好きなのか?

一言で言うなら

人間の可能性を感じて

めちゃくちゃワクワクするからなんです。

通常、人間の脳は10%以下しか

使われていないと言われています。

ですが、、

この「ルーシー」という映画の

主人公「ルーシー」は

映画の中で最終的には

脳を100%まで使うことが

出来てしまう…

人間が

100%まで脳を使えるようになると

どんな風になるのか?

それを見事に表現した映画です。

脳の能力を10%以上100%未満

使えるようになると…

~~~~~~~

ものすごい速さで

知識と情報が入ってきて

何でもすぐに理解することが

出来てしまう、、

そして

人の考えていることもわかり

自分の思うことがなんでも

出来てしまう。

~~~~~~~

そう、、

端的にわかりやすく言うと

まるでSFのような世界。。

どんなことも出来てしまうのです。

そんな何でも思う通りに

出来てしまうルーシー。

100%の脳を使えるようになると

その能力に体(物体)の方が

もたない、ついて行けない状態になる。

最終的にはその姿が

一瞬にして消えて

無くなってしまうんです。

彼女が脳を

10%以上使えるように

なったきっかけは

とある物質が

体内に入ったことなんですが、、

彼女は

自分の存在がなくなることと

引き換えにやろうとしたことがある。

それは、、

人間の脳の10%以上を使うことでの

人間の変化、その知識と情報を

残すこと、伝えること。

この映画の最後に

名セリフだなぁと

思った言葉があったので

シェアしますね。

彼女が最後に

自分の持つ知識と情報を

唯一、博士に残そうとした時

(↑脳の能力を研究していた

凄い博士がいたんです...今頃^^:w)

一瞬、博士がためらうんです。

「今の人間にはまだ早い気がする、、」と。

博士は瞬間的に思ったのです。

まだ10%以下しか

脳を使えていない状態の人間に

10%以上の脳を使えるようなること、、

それを知ること自体がまだ早い、、

その時に、、

「ルーシー」が言うんです。

『無知が恐怖を生み出す』

***********

んだと。。

無知が恐怖を生むって凄い!ですよね。

つまり、

知らないということ自体が恐怖になる。

映画の中のルーシーは

ほとんど全てのことを知った、、

だから、何も怖くなかった。

これって色んな所に言えること

じゃないでしょうか?

人は、、

分からない、知らないから

恐怖感を抱く、怖いと思う。

私たちの日常の中にある

知らないことや分からないこと...

それによって恐怖や不安が生まれる。

つまり、、

知りさえすれば怖くない。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これを見た瞬間

すごい名言だと思いました!!!

今あなたに感じている

恐怖、不安があるとしたら、、

それらのことも

「なぜそうなっているのか?」

「どうしたらいいのか?」

と理解できれば

恐怖も不安もない。

つまり、、

悩まないですよね。。

今、目の前にあることに

無知でなければ

悩みも不安も恐怖もない。

つまり、、

知りさえすればいい。

知りさえすれば怖くない。

これ本当にその通りだと思います。

俗に言う

知識だけあってもダメだとは思います。

けれど、

●今、自分に起こっていることや

目の前にあるとことがなぜあるのか?

●どうしてそれが必要なのか?

●どこへ向かえばよくて

それを越えるとどうなるのか?

そんな理由や意味を知ることが出来たら

何も恐れることも不安を抱くこともない。

『無知が恐怖を生み出す』

**********

いや~これ、、

本当に名言です。

最後までお読みくださり

ありがとうございました♪

素敵な一日をお過ごしください^^

萩嵜智子

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitter Basic Square