宇宙飛行士になって地球を出る!


先日

数日間ではありますが

家族と一緒に休みを取りました。



この休みの間

「ナショナル ジオグラフィック」で

録画してあった番組を

観たりしていたんです。



たまたま

ナショナル ジオグラフィックで

観たのは



アポロ11号、12号の月面着陸

(世代が分かっちゃいますね…)



平成生まれの方は

知らないと思いますが、、



初めて月面着陸した

アポロ11号、12号の

乗組員が6人出演していて



その6人の宇宙飛行士たちが

ざっくばらんに

当時のことを話す

という番組でした。



私にとっては

量子論、生物学は

もちろんですが



天体物理学や

宇宙のことというのは

大変興味ある話なので。。。




地球の大気圏を出て

宇宙から地球を見る


地球から一番近い星

”月” から宇宙を見る



そういう経験を

その6人の方たちは

したわけですが



番組の最後の方に

一人一人が

締めの話をしていました。



月面着陸した方たちがよく言う

”本当に地球は青かった”



宇宙から見ると

地球という星は



白とブルーと

所々赤茶色が見えたり

色とりどりの星なんです。



色とりどり

という時点で



生物がたくさん

繁殖、繁栄している星

だということは



地球外生命体が見たって

明らかなのです。



一人の宇宙飛行士が

(ごめんなさい。名前も忘れてます。。)



”宇宙から見たら

地球というのは

自分たちの住む星であり

母なる星だ


自分がそこに誕生し

誕生した自分がそこに住み


私たち人間を育んでいる

母なる星だ


それは

地球のどの場所、

どの国から見ても


母なる星であり

地球は1つだ


だから国を越えて

争うのではなく


地球規模でみんな

もっと仲良くすべきだ”



彼はそういうふうに

言っていたのです。



彼の話を聞いて



私も普段

事あるごとに

ご縁ある方々に



一旦立ち止まって

^^^^^^^^

自分のことや出来事や相手を

^^^^^^^^^^^^^

客観的に見ること

^^^^^^^^


できれば



俯瞰してみることを

^^^^^^^^


とにかく可能な限り

お伝えしているのですが



まさしく

その宇宙飛行士の話の例え

そのままだなぁと

思ったんです。



どういう事かというと、、、



私たちは

とかく目の前に起こる出来事や

いろんな物事に



捉われて、縛られて

がんじがらめで

苦しくてもがいてしまう…



自分が何かの出来事の

当事者として

見ていると



辛いのか、とか

苦しいのか、とか

そこから逃げ出したいのか、とか

飛び出したいのか、とか…



そういう視点でしか

ないのですが、、



この宇宙飛行士と同じで



一旦地球から出て

地球の外側の

宇宙から見ると



地球というのを

また違った見方ができる。



量子論的に言う


私たちの見方、

^^^^^^

感じ方、捉え方次第で

^^^^^^^^^^

目の前の世界は変わる

^^^^^^^^^^

わけなので。。。



そういう意味では


私たちも日々

3次元の世界で

様々な経験を

目の当たりにしながら



辛いとか、苦しいとか

ショックとか、嫌だとか



いろんなネガティブな

感情が揺れ動くのです。



そのこと自体が悪い

という訳ではなく


その経験をした自分が

宇宙飛行士になって


その当事者としての自分から

ちょっと抜け出して


まさに今回の

アポロの乗組員のように


宇宙から自分のことを

見てみる。



地球を出て

アポロの乗組員が



地球は皆んなの住みかだったと

母なる地球だったと

見えたように



私たちに日々起こる出来事の

特にネガティブに感情が

振れた時、


ネガティブな感覚が

起こった時、



その当事者である自分から

一歩抜け出して

宇宙飛行士のように


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

自分を宇宙から見てみる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


この作業がとても重要です!



なぜならば、


ネガティブな出来事の

当事者としてしか

その出来事を見ていないと



ただのネガティブで

良いとか悪いとかの世界で

終わってしまうからです。


そうではなくて、


その出来事というのを

今回の話のように

宇宙飛行士なったつもりで



一旦自分から出て

立ち止まって

^^^^^^


その出来事を体験した

自分というのを



ちょっと違う角度から

^^^^^^^^^^

客観的に見てみる

^^^^^^^^

俯瞰してみる

^^^^^^


それができるようになると



嫌だとか、辛いとか

苦しいとかいう感情の動く

ネガティブな出来事というのは

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


実は


多くのことを教えてくれている

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という事に氣付けるんです。



いつかのブログでも



「成幸の源は

一旦立ち止まること」



というふうに

お伝えしたと思います。



こうやって

私たちが日常

様々経験する事というのは



一旦、

当事者としての自分から出て

宇宙飛行士になって

宇宙から見てみる。



そういう作業ができると

本当に世界観が

変わっていきます。



宇宙飛行士って

宇宙から地球を、

そして宇宙を見られる

という非日常的な体験から



地球で普通に

暮らしている人たちには

掴みえない感覚、

感じ方、見方、捉え方ができる

という利点があるわけです。


何も私たちが実際に

宇宙飛行士にならなくても


日常の中の経験

(ネガティブな出来事、物事)から


一旦

宇宙飛行士になったつもりで

宇宙から見てみるという

さらなる経験から見てみたら


本当に多くの

メッセージ、氣付きというのが

そこに潜んでいる。。。



違った角度から見えれば

感じられれば


世界はまるで

違ったものに変化する。。。



今回

ナショナル ジオグラフィックの

その番組を見て感じたことと



日々ご縁ある皆さんに

お伝えしている事というのが



共通してるなぁと

感じたので

この話をシェアしました。



今日も最後まで

お読みくださり本当に

ありがとうございました。



こうしてブログを

読んでくださっている


嬉しくありがたい

あなたとのご縁に...

心から感謝を申し上げます♪



with LOVE & THANKS

萩嵜智子


#量子論 #見方 #捉え方 #客観視 #俯瞰 #ネガティブ #見える世界

特集記事
最新記事