あなたのことをあなた自身がよく知る


6月6日は

私が愛してやまない

愛犬ベネ君の17歳のお誕生日♪



ベネと出会った約17年前

私はうつ病真っ最中でした。


当時、、

結婚したくないのに

結婚してしまった旦那さんと

(そう 私バツ1なんです...)


半年間の同居生活から

実家へ戻って

別居し始めたばかりでした。


(この辺りの話もいずれまた...w)



結婚する前から

トイプードルが


欲しくて欲しくて

仕方がなかった私...


当時の旦那さんとの

別居をきっかけに


実家の近くの

ペットショップでベネ君と

出会ったのでした。



ベネ君は

今日で17歳ですが


マイワールドを

生きている感満載で


怒られても

怒られている感

があまりなかったり...


(特に近年、年を重ねて来たせいか

怒られている時の自覚はさらに薄い..笑)



けどね、、


言われてしつけられて来たこと

「待て」「おすわり」「トイレ」


はちゃんとします^^


そして、彼は

しっかりと自己主張をします。



例えば

彼の腹時計は

めちゃくちゃ正確で


アラームのように

決まった時間になると

ご飯の催促をしてくるw


(誰もいない一階のリビングで

空に向かって吠えている時さえある 笑笑)



また、、


自分が氣持ちよく寝ている時に

擦り寄ってくる私に対しては


しれっと私を

かわすように逃げ去って行くw


かと思いきや、、


彼がお昼寝から目覚めて

フラフラと

部屋の中を周回している時に


気が向くと

私の足にキスをしてくる(cute)w




そういう意味でベネは


本当に

自己肯定感が高く


他の犬や人間に対しても

自分なりの程よい距離感を持って


日々、関係性を

楽しんでいるとさえ

私には見えます。



実はうちには

愛犬はもう1匹います。


3年ほど前に

うちに来たアンジーです。


彼は今年の4月で13歳になった

元保護犬です。



ベネに対してアンジーは


人の顔色を伺っては

いつも自分の身を

守るような癖が強く


ベネとは対照的な性格です。



犬にも心、意識はありますが

人間と違って


犬の本人たちが自ら

意識を巧みに使うこと

はできないので


その部分では

アンジーのこれからに

飼い主の私がどう影響できるのか


私にとって興味深い

一つの研究材料でもあるのですが...



犬も10年間もの間

受け続けた影響はとても色濃く


その環境下で

体と心に染み込ませてしまったものを


塗り替えることは

容易ではありません。。



長い年月をかけて

少しずつ変化が起こるもの

だとも思います。



アンジーを見ていて


特に、防御反応や警戒心が

とても強いなと感じてきました。



人間も犬も同じで

長年、環境から受けた影響は

とても大きく深いものだと思います。



特に人間の場合には

多くの感情(やエゴ)もが

伴っているので


その感情(やエゴ)の処理に

一番困るのが事実でしょう。。



けれど、人間が

経験した様々な感情(やエゴ)をも

超えて人生を変化させて行く

ことは可能です。



(長年、仏教も挑んできましたが

なかなか難しかった現状もあります...)



けれど

感情(やエゴ)もですが、カルマも

心、意識を整えて行って


意識を使って行く中で

感情もカルマも超えて


より自由自在に

生きて行くことは可能です。



逆に、、人間だから

可能 できるんだと思います。



私たちの心、意識を変化させ

意識的に心、意識を使って行くことで


人間の可能性をどれだけ

広げて行くことができるのか


そう思うとエネルギーが

奥底からみなぎって来るようです ^^



長年たくさん経験して

来てしまった感情(やエゴ)も


時にはカルマさえも

超えて行くため...


心、意識を変化させて

意識的に心、意識を使って行くため...



まずは、、


ーーーーーーーーーーーーー

あなたに起こっていることを

あなた自身がよく知る ことが

欠かせません。

ーーーーーーーーーーーーー



これまでの人生を

あなたがどう生きて来たのか...


無意識にしていた事柄も

意識的にしていた事柄も


あなたがあなたに

何をして来たのか...


あなたが

何を見て来たのか... を


まずは

あからさまに知る!

^^^^^^^^

ことから始まります。





特集記事
最新記事